東京都の不動産鑑定・相続相談は資産評価研究所

電話 03-5366-1660電話 03-5366-1660メールはこちら

投資家の方へ投資家の方へ

これから不動産投資を始める方
不動産投資がうまくいっていない方

不動産投資のゴールとは

不動産を投資することによる「ゴール」が何なのか、それを設定しておく必要があります。もちろん、マンションに投資する場合、賃料によって安定した収入を確保する事は可能です。しかし、果たしてそれだけで十分でしょうか。

年数が経つと、建物の老朽化で空室率が上がってしまったり、修繕費がかさむなどのデメリットが発生します。不動産投資において利益を上げる場合、デメリットが発生する前に売却することも重要なポイントになります。即ち、不動産投資を開始する前から、出口戦略を考慮しておく必要があります。

不動産投資を成功させるために

経済の低迷や人口の減少により、地方では不動産投資は非常に難しくなっています。その反面として東京では、アベノミクスによる株価上昇や金融緩和も有り、収益不動産への投資が活況を呈し、市場では優良な売却物件が不足しています。ともかく、適正な投資物件であるかの判断や将来の利回り予測など、正しい知識を基に不動産投資を行えば、成功確率は高くなります。

インターネットが普及し、誰でも気軽に不動産投資を始められる時代になりました。しかし、間違った情報も多く氾濫しています。当事務所は不動産のプロとして、様々な業務を行っておりますので、不動産投資に関するご相談はもちろん、投資物件についての調査も正確に行います。不動産投資で失敗しないために、ぜひご相談下さい。また、現在投資を行っている方も、アドバイスをさせて頂きます。

※不動産資産家の方でアパートや賃貸マンション・貸宅地などを保有されている方も、不動産投資家=不動産経営者としての自覚と戦略が必要な時代となっています。

不動産診断(現状把握)の必要性!

①土地資産家は、自己所有不動産の何が問題かを知らない → 不動産診断必要!

  1. 目標に向かって対策を打つ…とりあえず、3年後とかの期限を決める。
  2. 遺言を書けと言われても、不動産の利用区分、価値が分からなければ書けない。
  3. 相続後なぜ揉めるのか
    → 不動産を持っているから=不動産価値(法務的・経済的価値)が不明確

②不動産診断の基礎…(1)法務(法規)的な問題を把握

  1. 共有不動産の問題…土地の価値が分からないと共有物分割は出来ない。
    ★商業地域、マンション用地等…分割することで、価値が低くなる土地がある。
    ★小さい、低地、賃家、共同住宅等…共有物分割できる不動産でない。
  2. 利用(地目)単位と筆単位が異なる、または混在している。
    ★評価単位売却単位(分筆、合筆、交換の必要性)
  3. 確定測量していない土地がある。…残地の土地がある(現況面積と相違大)
    確定測量すれば、価値が3割高い → 相続後に即時売却可能(納税資金対策) → 相続後に即時分割可能
    ★相続前に実行すれば、費用計上できる。
  4. 旧耐震建物、既存不適格物件等がある。
    → 耐震補強は親の金でやっておくべき → 建物価値が上がるが、固定資産税評価=相続評価はそのまま。又は建て替えする。
  5. 違法転用(農地法違反)の土地がある…市街化調整区域
  6. 瑕庇物件の存在…無道路地等、接道義務違反(農道、水路に接面)→ 相続評価高い
  7. 古い擁壁が現行基準に合わない
    → 再造成必要…エンドユーザーに売れない → 親の金で擁壁の再造成をやるべき。又は売るべき。

(2)経済的な問題を把握

  1. 処分可能性問題(第三者に売れない)…共有物件、未確定測量、低収益物件

資料ダウンロード

不動産投資についての資料を用意しております。下記よりご自由にダウンロードして下さい。
(全てPDF形式になります)

〒160-0022
東京都新宿区新宿
1-2-1-505

  丸の内線「新宿御苑前」駅徒歩3分
アクセスはこちら


電話 03-5366-1660電話 03-5366-1660
メ-ルでお問い合わせ
ページトップに戻る